製品情報

グリンディア(1〜3.5Aトン)

誰よりも先に次世代の性能を身につけ、フィールドへ走り出す。
持てるテクノロジーのすべてを注いで “人へのやさしさ”と“環境へのやさしさ”を追求してきた三菱グリンディアが、いままた新たなる進化を遂げました。

新環境基準をクリアする低エミッション&省燃費エンジンを標準装備。
さらに、高い予防安全性を実現する車両統合管理システム「IPS」にも改良を加え、 グラフィカルな表示のインテグレーテッドデジタルモニターを採用するなど 操作の快適さと安心感を深めるアプローチも行っています。

これからのフォークリフトのあるべき姿を具現化して、ここに。

ECOLOGYこれからの環境基準にいち早く標準対応。グリンディアは eco - POWERで時代を先駆する。eco - POWER

2007年排出ガス基準適合*「新・電子制御ガソリンエンジン」  NEW

排出ガス基準適合車 扱いやすさと耐久性に定評のあった従来エンジンの排気量はそのままにコモンレールとEGRで電子制御化。さらに、後処理装置にDOCを採用しDPFレスとしました。ターボレスならではのリニアな出力特性で繊細なアクセルワークに即座に反応する力強いトルクを生み出します。また、世界で最も厳しいといわれる2014年排出ガス基準をクリア。高出力と低燃費(規制前車両に対し、20.4%低減)の両立を実現しています。
*特定特殊自動車平成26年排出ガス基準(オフロード含む)
※EGR : Exhaust Gas Recirculation 排出ガス再循環
※DOC : Diesel Oxidation Catalyst ディーゼル用酸化触媒
■電子制御ガソリンエンジンK25E ■三元触媒マフラー

HIGH/LOW切り換えスピードリミッター

HIGH/LOW切り換えスピードリミッター 走行速度の制限値を屋外(HIGH)/屋内(LOW)それぞれ任意にセッティングすることが可能。スイッチ操作でワンタッチ切り換えが行え、現場に応じて最適燃費での稼働をサポートします。

POWER/SOFTモード切り換え

POWER/SOFTモード切り換え 作業に応じて出力優先(POWER)/低燃費・低騒音優先(SOFT)のモード切り換えが可能。SOFTモードを選択した場合、POWERモードに比べてCO2排出量を約13%低減することができます。
*ディーゼルエンジン車

2007年排出ガス基準適合 *「新・電子制御ガソリンエンジン」

排出ガス基準適合車 業界に先駆けて電子制御式燃料噴射システムと三元触媒マフラーを標準採用した高性能ガソリンエンジンがさらに進化。高い動力性能と信頼性を維持しながら、2007年排出ガス基準に適合する優れた環境性能を達成しました。
*特定特殊自動車平成19年排出ガス基準(オフロード含む)
■渦流室式ディーゼルエンジンS4S

排気がクリーンな各種環境対策車をラインアップ   オプション

疲労の少ない快適作業を支える低騒音設計

■CNG仕様車 ■LPG仕様車 ■黒煙除去装置DPF仕様車ガソリンエンジン車、ディーゼルエンジン車に加えてグリンディアはクリーンかつ経済性に優れた各種環境対策車(CNG仕様車、 LPG仕様車、黒煙除去装置DPF仕様車)もラインアップ。ニーズに応じて最適仕様をお選びいただけます。
76dB(A) 低騒音エンジンの採用やエンジンルームの防音強化、足回りの騒音低減などにより、オペレーターにも周囲にも静かな稼働を実現しました。
*ISO等価騒音(ディーゼルエンジン車 SOFTモード・ハイアイドル時)

SAFETY
オペレーターと現場を守る、安全への頼れる備えがある。
“セーフティーファースト”――それもグリンディアの資質。
IPS INTEGRATED PRESENCE SYSTEM

高い予防安全性を実現する、独自の車両統合管理システム「IPS」
事故を能動的に回避するアクティブセーフティー。
その一歩進んだ安全性能をあらゆる角度から追求し、トータルシステムとして具現化したのがグリンディアの「IPS」です。
運転中の安全確保はもちろん、降車時の誤動作も未然に防ぎ、オペレーターと現場を万一のアクシデントから守ります。

インテグレーテッドデジタルモニター  

デジタル表示で見やすさをさらにアップさせたモニターを採用しました。イグニッションONでパネルが点灯。走行速度や積荷の重量、各種警告などをひと目でチェックすることができます。 インテグレーテッドデジタルモニター ■走行速度表示 ■積載荷重表示

マスト/走行インターロック

マスト/走行インターロック 着座連動式のインターロックを装備。 オペレーターが運転席を離れた場合、マストの操作や車両の前後進(トルコン車)を自動ロックして万一の事故を予防します。
*ニュートラル自動復帰機能のため、ブレーキをかけている状態 ではありません。傾斜した場所への駐車はお避けください。

リフトロック

リフトロック イグニッションOFF時にリフトレバーを操作してもフォークが下降しないよう自動ロックし、誤動作を防ぎます。

ニュートラルセーフティー

前後進レバーがニュートラルポジションに入っている場合しかエンジンが始動できないニュートラルセーフティーをトルコン車、 ダイレクト車の全車に装備しています。

ハイマウントリヤコンビネーションランプ

ハイマウントリヤコンビネーションランプ *車検仕様車は取り付け位置が変更になります。 後方の車両や作業者にブレーキングなどを知らせるリヤコンビネーションランプをヘッドガード上部に見やすく配置しました。

ワイドな前方視界 クリアな後方視界  

フォークの爪先からマスト上部まで見渡せる、すっきりとワイドな前方視界を確保。スマートなテールデザインで後方確認も容易です。 後方確認も容易 広々とした前方視界

フォークの水平出しもワンタッチ「ALS*(マスト垂直機構)」  オプション

チルトレバーのスイッチを押しながら前傾操作するだけで、マストを垂直に自動セット。フォークの水平出しがカンタンに行えます。
*Automatic Leveling System
フォークの水平出しもワンタッチ「ALS*(マスト垂直機構)」

PERFORMANCE
パワフルに、スムーズに、そしてコンパクトに。
磨き抜かれたパフォーマンスが作業を加速する。

パワフルリフティング!

 
高剛性低重心フレームの採用や機体バランスの最適化などにより、荷揚げ時の車両安定性を高め、荷重低減の少ない荷役性能を実現。さらに高トルク&ハイパワーエンジンが低負荷時から高負荷時まで安定したリフトスピードをキープし、効率的な荷役作業を支えます。 ■トップクラスの荷揚げ能力 ■ソフトランディング

スムーズランニング!

 
ハイパワーエンジンと高性能トランスミッションの最適マッチングにより、きわめてスムーズな発進・加速、そして登坂時にもストレスを感じさせない力強いフットワークを実現。ブレーキシステムには確実な制動効果を発揮するデュオサーボブレーキを採用しています。 ■スムーズな走り出し ■パワフルな登坂力

コンパクトターン!

 
据え切り率100%のノブずれ防止機構付き全油圧式パワーステアリングを採用し、トップクラスの小回り性能を実現しました。 取り回しがいいから、狭い現場でもUターンや旋回などがラクラク。 スムーズでパワフルな走行性能と相まって作業がスピーディーに行えます。
■トップクラスの小回り性 ■狭い倉庫でもラクに取り回し

COMFORT
自然な操作フィーリング、時間を感じさせない乗り心地。
追求したのは、オペレーターとマシンの上質な一体感。

使いやすく、快適に、安心して。運転に集中できるコックピット
使いやすく、快適に、安心して。運転に集中できるコックピット  
01
ヒップ保持機能付き「サスペンションシート」
体型や運転しやすい姿勢に合わせてポジション調整やリクライングが可能。
締め忘れを防ぐ警告ランプ付きシートベルト、乗降に便利なソフトグリップも装備。
02
連続切り返しもフィンガータッチで容易な「電気式シフトレバー」(トルコン車)
03
雨天時作業が快適に行え、着脱も容易な「樹脂製ルーフ」
04
ポジションセットが可能な「チルトステアリング」
05
据え切り率100%の「全油圧式パワーステアリング」
後輪の切れ角とステアリングを一致させるノブずれ防止機構付き。
06
かかとを着けたまま踏み込め、微操作も容易な「インチングペダル」
07
オプションスイッチも1ヶ所にまとめて配置できる「スイッチパネル」
08
ウィンカーと前照灯スイッチを一体化した「コンビネーションスイッチ」
09
トップレベルの低振動を実現する「パワーラインフルフローティング設計」
振動の吸収性に優れたラバーマウントによってパワーライン全体を支持。
PROLIFT

フィンガーコントロールでより快適な作業を実現する「プロリフト仕様車」  

リフティングやチルトなどの荷役操作が指先の軽いタッチで行えるフィンガーチップコントローラーを搭載。アームレストに腕を掛けたままオペレーションがラクに行え、視界もいちだんと広くなるため、運転疲労が少なく、作業効率の向上に貢献します。
フィンガーコントロールでより快適な作業を実現する「プロリフト仕様車」
MAINTENANCE

メンテナンスポイントの集中配置により点検整備もスムーズ  

フルオープンエンジンカバーや脱着式サイドカバーの採用、メンテナンスポイントの集中配置により、スムーズで安全な点検整備を実現。さらに、グリスアップやオイル交換のインターバルを延長し、メンテナンスコストの削減も図っています。
メンテナンスポイントの集中配置により点検整備もスムーズ
このページの先頭へ