製品情報

グリンディアMX(6〜7Aトン)

グリンディアシリーズに中型クラスの上位機種MXが新登場

Advanced Ecology 時代の一歩先をゆく新環境性能を搭載

クラストップレベルの
低燃費&クリーンエンジン
世界で最も厳しいといわれる特定特殊自動車2011年(平成23年)排出ガス規制に適合した最新鋭のクリーンエンジン854E(12V仕様)を搭載。従来の6/7tクラスでは困難だった大型特殊車検が取得できるようになり、公道走行も可能となりました。また、排気量3.4Lとコンパクトながらターボチャージャーにより従来通りのパワーを発揮しつつ、燃費を10-20%低減しています。
黒鉛を完全除去するDPFマフラーを標準装備
最新の環境技術により、運転中の燃料噴射量とスロットルバルブの開閉を自動でコントロールして排気温度を調整。DPF(黒鉛除去)マフラーとDOC(ディーゼル微粒子除去)フィルターにより、排気ガスに含まれるHC、NO、PM※を燃焼除去します。

※HC: 炭化水素化合物
※NO: 酸化窒素化合物
※PM: 軽油の燃え残りである炭素を主成分とした粒子状物質

Comfortable Operation 快適な操作フィーリングのオペレーションシステム

運転疲労を軽減する
全油圧式ステアリングシステム
(FHS)
操作性に優れた
油圧操作レバー
リンク機構のない全油圧式ステアリングシステムを採用し、自然な操舵フィーリングでオペレーターの負荷を軽減。また小径ホイールの採用で、より小回りのきくハンドリングを実現しました。 GRENDiAシリーズと同じ操作性に優れたレバーを採用。長時間にわたるハードワークにも、ストレスを感じさせない運転操作が可能です。
※イメージはオプション仕様です
疲労が少なく、指先操作で効率を高める
フィンガーチップコントローラー
アームレストに腕を掛けたまま、指先でリフティングやチルト操作が楽に行えるフィンガーチップコントローラーを搭載。前方にレバーがないため視界が良く、作業効率を高めます。

High Reliable Safety さまざまなアクシデントを防止する安全性能を向上

オペレーターと車両の安全を高める
独自の車両統合管理システム
視認性に優れた
デジタルモニターの採用と高機能化を実現
運転中の安全確保はもちろん、降車時の誤作動まで、あらゆるケースを想定したきめ細やかな安全の備えが、オペレーターと現場を万一のアクシデントから守ります。
従来のGRENDiAシリーズと同様に走行速度や燃料残量、各種警告などをひと目でチェックできるデジタルモニターを採用。さらにセキュリティー強化のニーズにお応えする「オペレーター認証機能」や「積載荷重表示」をご用意しています。
作業状況や構内走行速度規定に対応する
モード切り換え機能
メンテナンス性の向上
状況に応じてパワー/低燃費・低騒音の切り換えが選択できる「POWER/SOFTモード切り換えスイッチ」と、現場(屋内/屋外)の安全状況に合わせて走行速度の上限値を設定できる「車速制限モード切り換えスイッチ(スピードリミッター)」をオプションで同時搭載できます。 フルオープンエンジンカバーや脱着式サイドカバーの採用、またメンテナンス箇所の集中配置により作業性が大幅に向上しました。さらに、グリスアップやオイル交換のインターバルを延長し、メンテナンスコストの削減も実現しました。
ネットワークを通じて車両を統合制御するVCM(ビークルモジュールコントロール)

ニチユ三菱フォークリフトの技術を凝縮した車両制御システムを採用。車載LANで車両全体を結び、各部の状態や動作履歴を集約してVCMで一元管理することができます。
このページの先頭へ