事業を知る

バッテリー車、エンジン車を取りそろえたフォークリフトに、先進のITを駆使した搬送・保管・管理システム。物流の進化を支えるニチユ三菱フォークリフト。

■ バッテリーフォークリフト

自動車でいえばEV(電気自動車)に相当するバッテリーフォークリフト。1939年に当社が日本で初めて開発しました。作業性・操作性・快適性、そして安全性にすぐれた多種多様なバッテリーフォークリフトを豊富にラインアップ。運転席が昇降するピッキング作業専用タイプや、危険な場所での作業に適した防爆タイプ、−20℃から−55℃クラスの低温環境に対応するタイプなど、さまざまな利用シーンに適応する製品を次々と開発し、市場に送り出しています。

写真

1958年に当社が日本で初めて開発。リーチ型フォークリフトのベストセラー、プラッターシリーズ

■ エンジンフォークリフト

小型・中型・大型の幅広い製品レンジを展開するエンジンフォークリフト。新環境基準をクリアする低エミッション&省燃費エンジンを搭載した「GRENDIA」シリーズをはじめ、ハイレベルなパワーとスピード、環境性能を備えたエンジンフォークリフトの数々が、世界中の港湾、物流、工場などの荷役現場で活躍しています。製紙や木材の運搬、金属製造加工や港湾分野専用など、特定の業種に合わせた特別仕様車も手がけています。

写真

リチウムイオン電池を搭載、世界初のエンジン式ハイブリッドフォークリフト GRENDIA EX HYBRID

■ 無人搬送システム

1970年、日本で初めて無人搬送車「ムジンカー」を開発した当社は、翌71年に世界初の無人フォークリフトの開発にも成功。その後、多層階搬送の無人化も実現し、現在、これらを組み合わせて工場内や販売物流を自動化させる「無人搬送システム」を幅広いお客さまへ提供しています。導入いただいた倉庫、工場においては24時間稼働の実現、作業効率の改善、安全性の向上など、多方面のメリットを生み出し、お客さまのビジネス発展に大きく貢献しています。

写真

バッテリーフォークリフトのノウハウを活かし、
ステアリング、走行、リフト操作などを完全自動化

■ 保管システム

物流の中核をなす保管システムは、単に商品等の収容効率を高めるだけでなく、その前後の工程へのスムーズな供給や作業性を向上させることが重要になります。当社は独自技術で開発した自動倉庫「キャスパック」を中心に、電動式移動ラックやラック&フォークシステム、在庫管理機などを組み合わせたトータルな保管システムを提案。お客さまが求める物流形態、用途に合わせた入荷から保管、出荷までのスムーズな流れを提供しています。

写真

■ WMS(倉庫管理システム)

ITを利用し、物流現場をより安全・正確・高効率に変えるのがWMS(倉庫管理システム)です。当社の「ロジスティックナビゲーションシステム」は、無線のフォークリフト車載端末やハンディターミナルを軸に、ペーパーレスで物流の「見える化」を実現し、フォークリフト作業を大幅に効率化。データベースサーバやパソコンとの連動でリアルタイムな在庫管理も可能にします。また、音声物流によるハンズフリー、アイズフリーな作業も実現しています。

写真

Page Top

COPYRIGHT © MITSUBISHI NICHIYU FORKLIFT CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.