これまでの歩み(沿革)

2013年4月、日本輸送株式会社と三菱重工業(株)のフォークリフト事業部門が事業統合し、新たに『ニチユ三菱フォークリフト株式会社』としてスタートしました。

日本輸送機株式会社

 

三菱重工業株式会社 フォークリフト事業部門

1937年
株式会社日本輸送機製作所(1921年創立大阪市西淀川区)の事業一切を継承し、日本輸送機株式会社を設立
1930  
1939年
日本初のバッテリーフォークリフトを新日鉄住金(旧八幡製作所)へ納入
   
1958年
日本初のリーチ型バッテリーフォークリフト「ブラッター」を開発
1950  
  1970
1970年
相模原工場第1期工事完成、フォークリフトの生産を開始
1971年
無人フォークリフトを世界で初めて開発、発表
   
1975年
世界初の防爆型無人搬送車を発表
   
1985年
日本初の防爆型フォークリフト(ブラッター)を開発
1980  
1988年
世界初の防爆型ラックフォークを開発納入
 
1988年
米国ヒューストン市にMitsubishi Forklift America lnc社を設立し、フォークリフトの現地生産を開始
  1990
1992年
米キャタピラー社、三菱商事との合弁事業会社を、アメリカ、オランダ、シンガポールに設立(MCFA、MCFE MCFS)
   
1996年
北米部品商社Rapidparts社を買収
1997年
中国・上海に生産子会社として上海力至优叉車製造有限公司を設立
   
2007年
三菱重工業株式会社と業務資本提携強化
2000  
   
2008年
中国・大連に三菱重工叉車(大連)有限公司を設立、フォークリフトの現地生産を開始
フィンランドの屋内物流機器メーカーRocla社を買収
2009年
三菱重工業株式会社と国内フォークリフト販売、サービス事業を統合し、ニチユMHIフォークリフト株式会社ならびに地域販売会社9社を設立
 
2009年
日本国内でニチユとフォークリフト等の国内販売事業統合
世界初のハイブリッドフォークリフト(4-5トン車)発売
2011年
タイに生産子会社としてNichiyu Forklift(Thailand)Co.,Ltd.を設立
2010  
 
2012年
北米代理店Daily Equipment Company社(ミシシッピ州)を買収

2013年 両社が事業統合し、新会社「ニチユ三菱フォークリフト 株式会社」が発足

Page Top

COPYRIGHT © MITSUBISHI NICHIYU FORKLIFT CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.